header_image

Works

事業概要

CG・映像の利用

Blue_line

工業系

CG1

CG2

展示会映像や会社案内、営業ツールなど多くの場面で映像制作を行っております。
まだ完成していない商品CGで再現したり、見えない内部の機構を説明するためにCGを利用したり、要点をわかりやすくするために解説を織り交ぜながらアニメーションで説明をしたりと多くの場合でCGを用いての映像は効果的です。
実写映像にCGを織り交ぜたりすることも可能です。何をCGに置き換えるのが効果的か、企画から絵コンテ制作、ディレクションか映像・CG制作までワンストップで対応しております。

建築系

CG1

CG2

建築パースやウォークスルー映像などの制作も行っております。
建物の完成予想図やイメージ図といったものや内観、導線の確認映像、サインや配管の“見え方”などを疑似的に確認したい時に用いられています。
また工場や工事現場、プラントなど大型施設においては事故への対応は大きな課題となっています。
しかし現実に事故(倒壊・液漏れ・引火など)を再現して注意換気をするのは限界があります。CGを用いて事故を再現し、映像として現場などへの説明・教育を行うことでより深く理解を促すことができます。避難経路の導線を再現なども効果的です。
また情報漏洩に配慮し、制作環境をインターネットから切り離した独立した環境を採用しています。

医療関係

CG1

CG2

医療番組などに用いられる解説CGも取り扱っております。
臓器や骨格、人体などのモデルも多数用意してありますので、それらのCG制作にも対応いたします。
目に見えないものやはっきりとした形のないものが多い分野かと思います。
イメージからのビジュアル制作やアニメーションの制作にも対応いたします。

タイトル系

CG1

CG2

番組タイトル、コーナータイトルのようなロゴアニメーションをメインとした映像も取り扱っております。
3Dで起こしなおしたタイトルをアニメーションさせたり、2Dでのアニメーション
など多くのパターンに対応しております。
工数の少ないようなものであればその日のうちから対応しております。
お気軽にご相談ください。

キャラクターアニメーション

CG1

CG2

簡単なキャラクターアニメーションの作成も行っております。
制作環境に限界がありますので、レンダリングコストのかかるリアルな毛髪処理や
細かいモーション、シミュレーションは残念ながら行えません。
基本的に手付でアニメーションができる範囲内での制作を行っております。
エフェクトなどは3D上での処理ではなく基本的にAfterEffectでの制作になります。
規模の大きな案件のようにプロジェクトチームへ参加し現場で作業する形にも対応いたします。
合わせてご相談ください。